オーガニック=化学薬品不使用

皆さんもオーガニックという言葉、どこかで見たり聞いたりしたことがあると思います。
全く興味がない方もいれば、全てオーガニック製品でないと耐えられないという人まで、オーガニックについては人それぞれの見方があるようですね。
しかし、実はオーガニック製品は近年様々な業界で注目されており、食品、衣類、タオルなど様々なものが既に販売されています。
ちなみに皆さんオーガニックとはどういう意味かご存じでしょうか。
日本語に直訳するならば有機栽培という意味になりますが、要は化学薬品を使用せずに作るという意味に捉えてもらえればと思います。
少しお高目のスーパーなどに行けば、有機栽培された食品ばかりのコーナーや、オーガニックセレクションなどのコーナーが立ち並んでいたりします。
また、無印良品でも衣類にオーガニックコットンを使用したものがかなり増えてきています。

手軽に病気を予防・体に優しい

しかし何故オーガニック製品が流行しているのでしょうか。
その答えは非常に簡単で、化学薬品を使用していないため体に優しいからです。
衣類や食品をオーガニックのものに変えることでアレルギーが完治したという例もあります。
食品や皮膚から吸収された化学的な物質は、全てが上手く排出できるわけではありません。
代謝能力が落ちていれば残留することも少なくありません。
産婦人科医の方が、妊婦さんの子宮からシャンプーの香りがすると言いますが、その通り残留してしまうことも多いのです。
こういった事に詳しい一般市民の方が徐々に増えてきたことによって、今では手軽に病気などを予防する意味でも、オーガニック製品が人気となっているのです。
もちろん出産内祝いのお返しに利用される方も少なくありません。
さて、次以降の記事ではそんな大人気のオーガニック製品について、色々とご紹介をしていきたいと思います。